google.com, pub-8470970482161475, DIRECT, f08c47fec0942fa0

疲労感が辛いあなたへ送る疲労回復の始め方

どうもナッケンです。

最近、疲労感感じていませんか?

私も、30代後半に入り体力的に衰えたのかな?と感じる時がたまにあります。

体力には自信があった人でも年齢には勝てません。

今回は、そんな疲労感を無くし疲労回復出来る方法をご紹介したいと思います。

本記事の内容
疲労回復の方法や食事やサプリなど生活の中で役立つ情報

人は何故「疲労感」を感じるのだろうか?

皆さんは、人が何故に疲労感を感じるかご存知ですか?

多くの方は、「それは体が疲れているから当たり前だ」と思っていませんか?

現代のストレス社会で生きていく中での「疲労感」には2パターンがあります。

疲労感のパターンは2つある

仕事にもいろいろある様に疲労感も2つあります。

それは肉体疲労と精神疲労。

どちらも疲労ですが、どちらの疲労の方が負担が大きいでしょうか?

正解は、「精神疲労」です。当たり前ですよね。

体は休めば治るのだから。

そもそも疲労感をなぜ感じるのだろうか?

疲労感の種類について説明しておきながらになりますが、そもそも疲労とは何でしょうか?

そして何故「疲労感」を感じるのでしょうか?

疲労とは、人が自分の限界を超えた何かを行っている時に感じる又は体感する、一時的にパフォーマンスが落ちる状態の事です。

ヤバイ疲労は肉体・精神どっち?

正直、ヤバイ疲労とは精神です。

でも逆に、精神がやられるのには体力的(肉体的)な疲労回復が出来ていない事が原因で引き起こすものもあります。

インターネットの普及により、肉体的な負担が知らず知らずのうちに蓄積されているからです。

では、どうしたら疲労回復出来るのかをこの後詳しくご紹介していきます。

疲労を細かいタイプ別に見た場合の原因

筋トレをメインに記事を書いている私だからこそ、疲労については筋肥大、トレーニングの質に影響するで避けたいと考えています。

その疲労には細かく見ると様々な原因があるので一挙に紹介させて頂きます。

貧血による疲労

実は、貧血が原因で疲労を感じる場合があります。

そもそも貧血とは血中のヘモグロビンが少ない状態の事。

そして、ヘモグロビンは鉄と結合して血中を移動するので「鉄」の摂取が必須です。

疲労物質の蓄積による原因

トレーニングをハードに行うと、疲労物質が蓄積されます。

少し詳しく説明すると、トレーニングを頻繁に行う場合同様に、たんぱく質の摂取ももちろん多くなります。

そこで、たんぱく質の摂取が増えてくると体内でのアンモニアが増加します。

このアンモニアが疲労の原因になる疲労物質です。

体内にアンモニアが溜まると、排出使用と内臓が活発に活動し疲労を高ます。

対策は、アンモニアの排出を促すアルギニン・オルニチン・シトルリンなどの成分を積極的に摂ることや水分を摂取する事です。

筋肉中の筋トレグリコーゲンの減少

筋肉には筋トレグリコーゲンと言う物質があります。ハードなトレーニングをすると、この筋グリコーゲンが大量に消費されます。

消費され、筋肉中の筋トレグリコーゲンが枯渇すると筋肉を分解しエネルギーを作り出します。

これを避けたい場合はトレーニング後の筋トレグリコーゲン枯渇時に糖質を摂取する事です。

筋トレグリコーゲンの枯渇対策でBCAAを摂取する場合もあります。

疲労の原因「活性酸素」が増える行動とは?

疲労の原因だと言われる「活性酸素」について少し触れておきます。

活性酸素とは、疲労の原因と呼ばれています。

なぜかと言うと、体に取り込んだ酸素が外的ストレス(精神・肉体)によって体内で細胞や脂肪・コレステロールなどを酸化させて作り出されます。

活性酸素が増える要因
  • 強いストレス
  • 激しい運動
  • 過度の飲酒
  • 喫煙
  • 紫外線など

疲労回復に活用出来るサプリメントを紹介

疲労回復系のサプリメントを紹介させて頂きます。

まとめ

如何だったでしょうか?

今回は疲労感が最近辛いあなたへ送る疲労回復方法の紹介として記事を書いて見ました。

ハードなトレーニングも重要ですが、回復も筋トレと同じくらい重要です。

そんな疲労を回復させてくれるサプリメントについてもご紹介させて頂きました。
\SNSで話題沸騰/ BARTH 入浴剤 30錠【公式店】送料無料 | 重炭酸 薬用 保湿 美肌 お風呂 炭酸風呂 炭酸泉 炭酸入浴剤 母の日 新生活 重曹 無添加 無香料 美容液 ギフト 女性 プレゼント かわいい おしゃれ バース 炭酸 温泉 男性 プチギフト 重炭酸湯 退職祝い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です