google.com, pub-8470970482161475, DIRECT, f08c47fec0942fa0

加工食品は筋肉に悪いの?の疑問に答えます。

どうもナッケンです。

今回は、個人的には大好きな加工食品について「加工食品は筋肉に悪いの?」と言う疑問に答えたいと思います。

今回の記事で伝えたい事
皆んなが大好きなハム・ソーセージなどの加工食品が筋肉に悪いのかどうかを解説したいと思います。

結論から言って「加工食品は筋肉に悪い」

しょっぱなから結論を言わせてもらいます。

結論的には、加工食品は筋肉に悪いです。

まぁ、当たり前に「良いか・悪いか」で言えば「悪い」です。

では、何故悪いのかを詳しく説明させて頂きます。

加工肉は、たんぱく源として見たら効率が悪い

ハム・ソーセージといった、食べるとめちゃくちゃ美味しい加工肉ですが、筋肉をつける為の「たんぱく源」として見ると効率が悪いのです。

筋肉に悪いかどうかを考えた時に、ハム・ソーセージといった加工肉は「脂質」が多く含まれています。

その為、たんぱく源ではあるものの体が効率良く吸収できるかと言うと、脂質のせいでたんぱく質摂取効率が悪くなります。

注意
加工肉は脂質が多く含まれていてたんぱく質の吸収が低下する

加工肉がもたらす大腸癌のリスク

加工肉を過剰摂取すると大腸癌のリスクが高い?!

加工肉は、摂りすぎると大腸癌のリスクが高いと言われています。

その理由と言うのが、2015年の国際がん研究機関(IARC)から加工肉が癌の原因である可能性が高いと言う報告が挙がったからです。

そして、農林水産省のサイトでも平成27年の11月6日に「国際がん研究所(IARC)による加工肉及レッドミートの発がん性分類評価について」と言う形で紹介されています。

加工肉をどれくらい食べれば発癌性が高くなる?

では加工肉をどれくらい食べれば発癌性が高くなるのか?と言うところですが、その報告では「毎日継続して50gを1日あたりに摂取するごとに18%増加する」といった研究結果が出ています。

加工肉について10件の研究成果を評価し、「毎日継続して1日当たり50グラム摂取するごとに、大腸がんのリスクが18%増加する」としています。また、同じ研究成果から、牛肉、豚肉、羊肉(ラム、マトン)、馬肉、山羊肉などについては、「加工肉ほど強い証拠が見出せませんでしたが、関連があるとすると、毎日継続して1日当たり100グラム摂取するごとに、大腸がんのリスクが17%増加する」としています。(農林水産省ホームページより引用)

加工肉は、生活習慣病を引き起こす可能性も高い

加工肉は、生活習慣病を引き起こす可能性も高いです。

何故かと言うと、加工肉には「塩分」が多く「カロリー」が高いものいが多いからです。

塩分が多いから美味しいのですが、カロリーも高く加工肉を食べる時ってお酒一緒に摂取する可能性だって高いですから仕方ないですね。

こうした事で、摂り過ぎた場合には「生活習慣病」を患う可能性が高いのです。

注意
加工肉は「塩分」が多く高カロリーな物が多いので撮り過ぎると生活習慣病になりやすいです。

まとめ

如何でしたでしょうか?

結論的には「加工肉」は筋肉には「悪い」となってしまいましたが、食べる楽しみも必要なので加工肉も撮り過ぎないように食べるのが良いのでは無いでしょうか?

問題は脂質なので、摂取する際には「脂質」の少ない物を選ぶと良いでしょう。

私も個人的に大好きな「クワムラハムのピリ辛ウインナー」はやめられません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です