アウトドアやイベントに使用できるイージーアップテントがめちゃくちゃ欲しい!

どうもn-kenです。皆さん自宅でBBQをしたり海や山などアウトドアって好きですか?個人的にはそこまで得意ではないのですが、最近とても気になる商品があるので詳しく調べてみた結果を記事にしてみました。その気になる商品というのがイージーアップ・テントって呼ばれるテントなのですが、このイージーアップ・テントはとても恰好よくって便利なんです。では詳しく見て行きましょう。

多彩な使用用途があるイージーアップ・テント

そもそもイージーアップ・テントってなに?

イージーアップ・テントってそもそもなに?って思う方もいるかもしれませんので説明させて頂きます。このイージーアップ・テントは数多くのテントの中でも珍しい、天幕を付けたままで畳んで収納出来てしまうテントなのです。皆さんも経験があるかもしれませんが、テントって基本的にはフレームと天幕が別であるのでフレームを組み立ててから天幕を張るのには苦労しますよね?特に、この手の作業は二人いないと出来ないですよね?こうした問題も解決してしまうのがイージーアップ・テントなのです。

イージーアップ・テントが選ばれる5つの理由

今回、めちゃくちゃ欲しいと思ったのでイージーアップ・テントが選ばれる理由を調べてみました。すると下記のような理由で多くの方に選ばれている事がわかったのです。確かにイージーアップ・テントは他社製品とと違うなと感じました。

  • 天幕がフレームに食い込まないトラス間隔と楕円フレームの採用
  • 軽くて丈夫なアルミフレームを採用
  • 特許・防炎製品認定を取得している安心感
  • 万全のアフターサービス
  • 個人向けから業務用まで幅広いラインナップ

イージーアップ・テントの選ばれる5つの理由をもっと詳しく見てみよう

 天幕がフレームに食い込まないトラス間隔と楕円フレームの採用

トラスとはテントなどの部材の接合点をピンで連結して組み立てた構造をさします。イージーアップ・テントのフレームもこのトラス方式なのですが、一般t的なテントのこの部材同士の接合点に工夫がされていて通常のものよりも幅が広くとられています。この幅を広くする事でテントの天幕が食い込む事を避け、天幕の記事を痛める心配がないのです。

軽くて丈夫なアルミフレームを採用

イージーアップ・テントのフレームはアルミで出来ているのですが、このアルミ素材って意外に種類があって強度や耐久性に差があるんですよね。だから安いものでもアルミ素材の製品はあるのですが素材まで見て見ると強度や耐久性などに大きな差があるのです。できれば長く使いたいですからこうした「素材」についてもこだわりたいですよね!このイージー・アップテントの素材は「A6061-T6」と言って航空機や自動車の構造材によく使用されるアルミ素材なので他社と比べても軽さや強さはずば抜けているのです。

特許・防炎製品認定を取得している安心感

イージーアップ・テントは特許・防炎製品認定を取得しているテントとしても注目を集めています。この特許とは、日本国の特許で250デニール生地と500デニール生地すべてで取得されており日本の日本防炎協会の防炎製品認定を取得しているのでBBQなどで使用する事が多いテントなので安心ですね。

万全のアフターサービス

イージーアップ・テントは万全のアフターサービスも謳っています。有償修理になってしまうものの正常にテントが作動しないや天幕の敗れフレームの破損にも正規販売店が対応してくれるので安心です。スペアパーツもしっかりストックされているので安心です。

個人向けから教務用までの幅広いラインナップ

個人的にはBBQや海水浴やキャンプで使用したいと考えているイージーアップ・テントですが、イージーアップ・テントのラインアップは個人用から業務向けの製品と多数のユーザーに向けて商品開発がされています。業務用はお値段が高いですがサイズも大きくて魅力的です。

まとめ

いかがでしょうか?イージーアップ・テント。欲しいあまり沢山の調べた内容を書いてしまいましたがホントに魅力的なテントだと思います。自宅でBBQ、キャンプや海といったイベントに必ず活躍します。お酒を飲んで片づけにくいテントを片づけるよりイージーアップ・テントで片づけを楽にしたいものですね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です