Kickflip(キックフリップ)薄型エアースペーサーの使用レビュー

どうもナッケンです。

今回は、Bluelounge から出ているKickflip (キックフリップ)って言う「Macbook」などのノートPCに貼り付ける「角度つけるやつ」について購入したので使用レビューを書きたいと思います。

今回の記事で伝えたい事
Kickflip (キックフリップ)のエアースペーサーについて購入を検討している、または興味がある方に向けて、使用した率直な感想を伝えたいと思います。

 Blueloungeから出ているKickflip (キックフリップ)について

そもそもKickflip (キックフリップ)薄型エアスペーサーって何?

Blueloungeから出ているKickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーと言うのは、ノートPCに角度つけるやつです。

イメージ的にに昔のPCとかキーボードの裏についていた角度をつける「足」みたいなやつです。

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーを取り付ける2つのメリット

このKickflip (キックフリップ)薄型エアスペーサーを取り付けるメッリットは大きく2つあります。

  1. 人間工学に基づく角度調整によって楽な姿勢でタイピングができる。
  2. 取り付けたPCの背面(裏)に隙間が開く事で冷却性能向上する

私はMacbookを使用していますが、メリットの2つ目の冷却性能向上が一番のメリットだと思います。

Macbookは結構熱がこもりやすいの、使用するとPCに良さそうです。

もちろん、角度が付く事でタイピングも楽になったと思います。

実際にKickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーを取り付けてみる

では、実際にKickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーを取り付けて見た流れをご紹介します。

梱包状態

まず、今回は通販でKickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーを購入。

もちろん楽天市場です。わずか3日程度で届きました。郵送可能な大きさです。

取説と、本体が入っているだけのシンプルな感じ、とても良いです。

 

 

 

 

 

粘着部の保護シートを剥がしてPCの裏に貼り付ける

次はKickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサー本体の粘着部の保護シートを剥がします。

取説によると、粘着部の吸着が弱くなれば吸着パッドを石鹸水で優しく水洗いして乾燥させれば粘着が元に戻ると書かれているので再利用ができるようです。

 

 

 

 

PCにKickfliip (キックフリップ)を貼り付ける

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサー本体をPCの裏に貼り付けます。

貼り付け位置は写真の部分です。

 

 

 

 

 

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーをつけた時の高さ

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサー本体をつけると、3.5センチの高さアップとなります。

気なる角度は10度です。

 

 

 

 

 

写真は左がKickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサー本体を取り付けた後で右が取り付け前です。

比較するだけでも、結構な角度がついているように見えます。

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーの使用レビュー

では、使用レビューですが、使用した感じは「良い」です。

角度があまりつけたく無い場合は、キックフリップを閉じれば良いですから、困る事はありません。

閉じた場合の角度は、2度と通常より少し角度がついた状態になります

ポイント
  • キックフリップを立てた状態では角度10度
  • キックフリップを閉じた状態では角度2度

キックフリップを使用してタイピングすると、確かに良い感じに角度がついているのでモニタをみる目線も適度な位置に来ています。

キーボードの角度が付く事で、平坦な状態よりも腕が自然な位置にあるので変に方に力が掛からないように思います。

まとめ

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーにつてご紹介させて頂きましたが、結論から言うと買って正解!

私はブログの更新をしっかりとする為に、少しでも体の負担を減らそうと思い購入しました。

特に1日中PC作業をするような方は購入された方が良いと思います。

Kickflip (キックフリップ)薄型エアースペーサーは見た目もスタイリッシュなのでかっこ良いですよ!

BLD-KF13-BK トリニティ MacBook 用 フリップスタンド 13インチ(ブラック) BlueLounge キックフリップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です