google.com, pub-8470970482161475, DIRECT, f08c47fec0942fa0

整備士が今の会社を本気でやめる前提で退職する方法

どうもナッケンです。

過去に自動車の「整備士」の経験がある僕だからこそかける記事は無いかな?と考えた時に、「転職」について書いてみようと思い書いてみました。

僕が自動車整備士をしていたのは10年も前ですが、整備士業界はあまり変わっていないと思うので退職・転職しようかなと思っている方の参考になれば良いかと思います。

この記事で伝えたい事
自動車整備士を辞めたい、辞めようと考えている方に向けて過去に整備士だった僕が辞めて10年ほど立って今どう思っているかをお伝えします。

結論から言って「整備士」を辞めて良かったのか?

まずは、「整備士」を辞めて良かったのか?どうなのか?、結論から先に伝えたいと思います。

正直な意見として、僕の場合は「良かった」となります。

でも、まぁここらへんの意見は様々で別れますが、僕の場合は続けていると体が悪くなっていたとか一生独身の可能性が高かったなど他の影響があるのでこの結論ですが、充実している方は又違った意見かもしれませんね。

僕が辞めた経緯

まず、僕が10年ほど前に整備士を辞めた経緯などを軽く紹介したいと思います。

僕は新卒で自動車ディーラーへ就職しました。専門学校や短期大学などから整備士として就職する場合はみんなそんな感じで就職しますね。

そして、3年間を自動車整備士として働かして頂きました。

今思うと3年て短い気がしますが、当時の僕にとっては辛く長い3年間でした。

とにかく、当時は残業が多いけどマックスで30時間程度しか残業はつかない、と言うより付けられない会社だったのでくたくたになるけど、給料は少ないみたいな状態でした。

しかも給料は少ないのに一人暮らしだったので、家賃や駐車場代、食費と稼いでは生活費に消えるみたなスパイラルに入っていました。

しかも、肉体的にも疲労が溜まっていたので手や指はボロボロでした。

ここまでは、大体新卒の整備士であればみんな当たり前の感じかな?

今では残業付けられないなんてブラック企業だと言われるかもしれないけど、当時は半人前だから仕方ないみたいな考え方(職人的な考え方)を勝手にしていたので不満は特に持っていなかったですね。

でも、とにかく貧乏なので辛かった覚えしかありません。

実家から通っている人がすごく羨ましかった・・

僕の場合は実家から出たかった訳ではなかったけど、営業所が都市部だったので一人暮らしする事になったのです。

で、結局、好きな自動車業界だったけど自分が好きな車も買えないような状況に我慢出来ずに退職したと言うのが今となっては当時の大きな理由かもしれません。

整備士を辞めてどうしたの?

私の場合は整備士を辞めて、実家に戻って会社員になりました。

田舎で整備士を続ける事も出来たけど、指をボロボロにして残業代もろくにつかない忙しい業種はもう懲り懲りと言う事で製造業の会社員になろうと思って就活しました。

でも、大手の会社は前職が整備士だったと言う履歴書を見ては、「畑違いだけど・・」といってくるばかりで全然受からなかったです。

大手はですけどね、中小企業であれば全然受かりました。

そして、結局仕事をしない2ヶ月間が過ぎて我慢出来ずに、中小企業に再就職をしました。

もちろん、その当時の考え方が大企業に入って安定を求めていたので中小で何年かしたらもう一度大企業の製造業に入ってやろうと考えていました。

製造業の会社員てめっちゃ楽

初めて感じた印象は、製造業の会社員ってめっちゃ楽だなと思いました。

もちろん、当時の入りたての印象なのですが、残業はフルについてしかも肉体労働といってもさほどキツく無いし暑く無いところで仕事出来て最高だと思いました。

仕事は選べないけど、工場なので学校のようにチャイムがなったら決まった事を淡々とこなすだけ・・・

でも、整備士をしていると自分の考えで段取り組んで仕事していたので、単調な仕事には段々と嫌気がさしてきました。

そして、単調な作業から開放されたいので管理職を目指すようになっていくのでした。

やっぱり整備会社はブラック企業?

正直言って、今は知らないけど昔は自動車の整備会社はブラック企業だと言っても過言では無いと思います。

ただし、昔は本当に車をいじるのが好きな人ばかりだったので、遅くまで車を触っていても残業代がつかなくても不満は出なかったかもしれないけど、今の20代の人から見れば「ブラック企業」に間違いないと思います。

でも難しいよね?自動車業界は、修理の内容とかお客さんの多い時期とか暇な時期が大まかにあって、経営からみても残業なくす事も難しいし、修理の時間レートの単価があるけど、修理が上手く進まなかった時には残業もしないといけないけど、残業が増えれば利益が減る訳だから・・・

修理する整備士の力量によっては全然時間が違うし、ベテランばかりを整備士として雇っているほど会社も余裕無いと思うし。

新卒の整備士が辞めたくなるのは職場が体育会系だから?

整備士になるような人って、昔はヤンチャな人が多かったように思います。

今では結構普通の子が多いのかもしれないけど、僕の周りは大体が10代でバイク乗ってて、整備士やりたいなって思ったって子が殆どで、結構体育会系のノリでした。

実際に、そうした体育会系のノリが嫌いな子は職場に馴染めずに半年もすればせっかく整備士のライセンスとったにもかかわらず辞めて行ってましたね。

飲み会も多かったし、店から「出入り禁止」出されるほど暴れるような飲み方する人が多かった気がします。

今ではあんまり考えられない感じですね・・・。

僕が辞める頃には、飲み会とかでアルコール中毒で死ぬ大学生とか多かったので無理に飲ませないと言う雰囲気は出かけてたけど、「飲めない奴は仕事も出来ない」みたな不雰囲気が強かったので皆んな無理して飲んで酔い潰れていた印象です。

今では確実にパワハラと言われるし、無理に飲ましたとなると問題になりますね。

当時は、「飲めません」って言った日にはあとで酷い仕打ちが待っているような雰囲気でした。

体育会系が嫌いな人は確実にこういったところには馴染めませんね。

整備士を辞めたい方へ

ここまで記事を読んでくれてありがとう、あなたは整備士を辞める事もしくは今の整備会社を辞めたいと思って僕のブログを読んでくれていると思います。

本当に、辞めても後悔しませんか?やり残した事はありませんか?

独立して自分の店を持つために整備士になった方とかいませんか?

私は、後者の自分の店を持ちたいと思って整備士の道に進んだタイプなので、後悔が少しも無いかと言われれば、少しはあるかもしれません。

今となってはめんどくさいので、店を持ってまで整備はしたく無いですけどね。

でも、辞める時っていろいろ考えますよね。特に就職して1年程度であれば整備士としてこなした仕事も少ないでしょうし、車の事も知識も乏しいと思います。

でも、辞めたいと思ったら辞めた方が良いと思います。

僕も、3年間の整備士生活でわかった事として自動車整備士を生涯続けられる人は、技量もそうですが誰よりも車のメカニズムが好な人でなければ無理だと思います。

そうでも無いほとであれば、すぐさま転職して、趣味で車を触った方がよっぽど幸せです。

あなたが当てはまるなら、転職サイトをのぞいてから退職するか続けるかを見極めた方が良いと思います。

まとめ

如何でしたでしょうか?アドバイスもしくは後押しになったでしょか?

辞めるも続けるも個人の自由であって貴方の気持ち次第です。

整備士だけが仕事では無い。ただそれだけです。

転職は一生がかかる大事な賭けでもあるので、転職サイトなどでしっかりと下調べをしてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です