消防団のしつこい勧誘を完璧に断る方法

どうもエヌケンです。今回は、皆さんもご存知の消防団について記事を書きたいと思います。どんな記事にするかと言うと消防団に加入させるための勧誘を断る方法です。

結構、ヤフーの知恵袋とかにもこの消防団の勧誘を断る方法について質問があるので記事にしたいと思います。

そもそも消防団ってなんなの?

消防団とは

消防団とは、各都道府県に存在する地域に密着した組織です。消防団の活動については、下記に総務省消防庁サイトでの説明を載せておきます。

消防団の活動は消火だけではありません。実際にどのような所で活躍しているのか、どのような役割を持った組織なのかをご紹介します。
消防団は、消防本部や消防署と同様、消防組織法に基づき、それぞれの市町村に設置される消防機関。地域における消防防災のリーダーとして、平常時・非常時を問わずその地域に密着し、住民の安心と安全を守るという重要な役割を担います。また、近年は、女性の消防団への参加も増加しており、特に一人暮らし高齢者宅への防火訪問、応急手当の普及指導などにおいて活躍しています。 (総務省消防庁サイトより引用)

つまり、住んでいる地域に密着した活動をする消防防災組織なのです。

消防署の常勤職員と消防団員の違い

消防職員と消防団員ってどう違うのか分かりづらいですよね?この消防職員と消防団員の違いを簡単に説明すると、消防職員は本職として消防活動をされています。逆に消防団員は非常勤の消防職員となるので通常は個々に自営業やサラリーマンとして仕事をしています。そして火災が起きれば消防活動を行います。

しつこくて困る消防団員勧誘の断り方

消防団の勧誘を断る方法は何と通りかあります。しかし、あくまで消防団は悪いことをしている団体でもありませんし地域の安全を守っている立派な役割です。できる限り参加されることが望ましいですが、今回は断り方をご紹介したいと思います。

しつこい勧誘は親の力を使って断る

しつこい消防団の勧誘活動。しかし、消防団側としても入団してほしいから下手に出て丁寧に入団を促します。こうした場合、出会うと地域のかかわりもあるので何かと断りにくい。

こうした場合は常に親の力に頼りましょう。親に断ってもらうのが一番です。もちろん、親に断ってもらうのにはリスクはありませんが、消防団に入っている村の人からは、陰でボロカスに言われる事や地域の行事で意地悪される事くらいは覚悟しておきましょう。

しつこい勧誘は病気を理由に断ろう

しつこい勧誘を行う消防団員も人間です。相手が病気やけがをしているなどの場合には「仕方ないか・・・」とあきらめがちです。消防団員として病弱な人を入れたり体力的に無理がある人を入団させると訓練時やポンプ操法大会などで足手まといとなるので病気がちな人は好まれません。しつこい勧誘は病気を理由に断ると何度も勧誘にやってこないので一度で型が付くでしょう。

しかし、その病気が理由にならない、もしくは嘘だった場合は、陰で何を言われるかは想像できますよね?仕方ないですが、あなたの一家自体がそうした目で見られる事を覚悟するしかありません。

しつこい勧誘は引っ越して逃げ切ろう

地域に密着した消防団活動ですから、一番手っ取り早い方法は引っ越しです。その地域を離れれば、消防団活動の勧誘をされる事はありません。地域の消防団にも入りたくない貴方は、地域に思いれなんてあるはずがありません。一番楽な引っ越す事を選びましょう。

メンズサプリなら
MENZOOで決まり

消防団の勧誘がしつこい理由

では、なぜに消防団員がしつこく、しつこく勧誘活動を行うのか理由をご説明しましょう。

消防団員は新規団員が入らないと退団出来ない

一番の理由がコレです。

新規入団者がいないと卒団出来ないからでしょう。

卒団とは、もちろん消防団を卒業する事。現在ではおよそ15年程度の団員期間を経て卒団される方が殆どです。

長ければ25年とかもいますが、それは消防好きの方でしょう。(もしくは過疎地)

でも、誰でもいつかは卒団したいから、必死に自分の身代わりを求めるのです。

それが、しつこい消防団員の勧誘となるのです。

しつこく行けば根負けすると思っている

次に、消防団員が毎年家に押しかけてくるとしましょう。

しつこく勧誘されれば、根負けして入団する人も多いです。しかも、地域の活動と言われれば尚更。

そうした事情も分かった地域住民が消防団員だから、しつこく勧誘すれば根負けして入団すると殆どの団員が思っています。

消防団員は宗教勧誘よりしつこい

消防団員は宗教勧誘よりしつこい。

それはそうでしょう。消防団活動は宗教と違って公共の活動です。

自分たちの消防活動自体には誇りは無くとも悪い事とは思っていません。

その為、場合によっては宗教の勧誘よりしつこい場合も有るかもしれません。

消防団に仕方なく入ってしまった時の対処方法

消防団への入団を断固拒否していたとしても、入らなくてはいけない状況になったあなた、対処方法はないの?って思われる方も多いかもしれません。でも実際は対処方法がありますのでご紹介します。

訓練や査察など消防団行事を全部出席しない

消防団へ仕方なく入団しても、強制的に訓練や査察などの行事に参加させられる事はありません。そのため、すべて出席しないことはできるのです。俗に言う「幽霊部員」となってしまう訳ですが人として疑いますが、この幽霊部員に長年なるとほかの団員も迷惑に思うので退団要求がされる事が大半です。出席を一切しなくとも退職金は払われますので、対処方法としては有効かもしれません。 個人的には最低だと思ってしまいますが・・・

一生懸命に活動し、早めに退団させてもらう

消防団に仕方なく入ってしまっても、一生懸命に活動すればその分早く退団させてくれる消防団も存在します。そうした所は一生懸命頑張って退団を早める事がいいでしょう。頑張り過ぎてさらに上位の役職が回ってくる可能性もあるのでほどほどに・・・

消防団はなぜ敬遠されるのか?

まず、消防団に入団させられそうになって当ブログに行き着いた方も多いかもしれません。しかし、なぜ消防団を敬遠するの?って聞かれたときにはっきりと何処が嫌なのか言える人っていますか?

実際、勧誘を行った際に理由に上がってくるのが「仕事が・・・」「時間が・・・」などで明確な嫌な理由を持たない人ばかりです。実際に消防団活動がどういったものか理解していない方々が多い事が現状です。要するに変なイメージだけで拒否している感じです。あとは噂とか人からこう言われたなど、すべてイメージとか噂話なのです。

要は、何も知らないのです。敬遠する理由なんかわからない、でも入らない方がいいと周りから言われるから入らないって言うのが本音なんですよね。

消防団入団拒否をする方に送るメッセージ。

これまで、消防団の勧誘の断り方などを記事にしてみましたが、私自身が消防団活動をしています。もともと皆さんと同じように嫌々入った感じですがおよそ10年間務めています。

そろそろ退団したいのですが、入団してくれる人がいないのであと一期は消防団として活動するしかありません。そうした中で一度考えを整理したくて記事にしているのですが、正直言うと入団拒否されている方は消防団に入団した方がいいと思います。

何とか消防団に入りたくないと思っている人ほど入るべきだとも思います。その理由は、そうした方の方が消防団に居場所を見つける事が多いからです。消防団ってもちろん田舎の方が多いので、地域の若者の集う数少ないコミュニティーなんです。

社会人になってこうしたコミュニティーは非常に貴重で、会社以外の人とがっつりと繋がる機会は滅多にありません。年の近い若者で旅行に行けるのも消防団の魅力ですし、これまで話す機会の少なかった地域の年の近い人との交流もあります。

また、消防団活動でかかわる地域の方たちからの感謝の言葉も有ったりします。悪い面ばかりではないのが消防団だと思います。

私自信は、子供との時間を犠牲にして10年活動をしているのでそろそろ退団といきたいところですが、現在勧誘されている方は是非消防団活動に協力して頂きたいと思います。

まとめ

今回、消防団の勧誘について記事にしてみましたがいかがでしょうか?私の個人的考えであり押し付けるものではありませんが、消防団への入団は悪いことばかりでは無い事を理解してもらいたいと思うのが正直な気持ちです。皆さんの参考になればうれしいです。

メンズサプリなら
MENZOOで決まり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です