【2019年ホームジム】アイロテック(IROTECH)マスキュラーセットR140徹底解説

どうも、n-kenです。今回は私が今年になって購入したアイロテック(IROTECH)のマスキュラーセットR140についてご紹介していきたいと思います。筋トレを始めようと考えた時にパワーラックが候補に挙がると思います。アイロテック(IROTECH)のマスキュラーセットR140はパワーラックセットの中でもリーズナブルで色んなトレーニングが出来る優れものです。ただ値段的には10万円を超える代物ですから、品質であったり、本当に大丈夫なのかって心配から中々手が出せませんよね?実際私も調べれるだけ調べてから購入しました。ですから同じように、これから購入をお考えの方向けに、自分ならココが知りたかったっていうポイントをおり込みながらご紹介したいと思います。

アイロテック(IROTECH)マスキュラーセットR140徹底レビュー

アイロテック(IROTECH)のマスキュラーセットの徹底レビューを書いて行きたいと思いますが、実際にマスキュラーセットR140がどういったセットなのかも含めてご紹介したいと思いますので書く項目毎にご説明させて頂きます。

アイロテック(IROTECH)のマスキュラーセットR140とは

まず、アイロテック(IROTECH)のマスキュラーセットR140とは、アイロテック社が販売するパワーラックとバーベル・インクラインベンチが付いた140㎏のセットになります。これさえ有れば、ビッグスリー(BIG3)と呼ばれる体の大きな筋肉を鍛える事が可能ですから初心者トレーニーの入門セットとしては抜群です。

パワーラック・ケーブルマシン

パワーラックって検索すると出てくるのがアイロッテクやワイルドフィット、ボディーメーカーが出て来ますがマスキュラーセットR140はラットプルが標準でついています。殆どのメーカーがオプションですからお買い得感が有ります。ラットプルダウンを使用して背中のトレーニングを集中的に行う事も可能ですから重宝しています。

バーベル・ダンベルセット

バーベルとダンベルのセット内容は、下記の内容です。とっても充実しているので後から買い足す必要は有りません。注意として、総重量の140Kgはバーベルシャフトとダンベルシャフトを含めたものとなります。

  • バーベルシャフトが180cmワイドグリップタイプ(10kg)×1本
  • ダンベルシャフト(2.5kg)×2本
  • .25kgプレート×4枚
  • 2.5kgプレート×4枚
  • 5kgプレート×4枚
  • 10kgプレート×2枚
  • 15kgプレート×2枚
  • 20kgプレート×2枚
  • その他、プレート用の各ラバーリング

インクラインベンチ

インクラインベンチはデクラインとしても使用出来ます。ベンチプレスは通常フラットのみの場合が多いですがマスキュラーセットR140はインクライン・デクラインが可能ですから鍛えられる部位も格段に増えます。初心者が購入するベンチとしてもインクラインを購入する方が効率的ですからデクラインも出来るこのベンチは優秀な相棒となります。

「R」と「R無し」とは?

R140と140と二種類あるけど何が違うの?って質問がネット上でも多いですが、単純にRはレッドのラバーリング付きの意味です。このラバーが有るか無いかの違いですが、ラバー重量は140Kgに含まれていないのでR付きの方が若干重いです。床を傷付けたくない等ではればRを購入される方が良いかと思います。

買って分かったメリットとデメリット

メリット

まず、マスキュラーセットR140を購入してのメリットですが好きな時に好きなだけトレーニング出来る事ですね。あと、ビッグ3は勿論ですがケーブル種目も出来るのでトレーニング種目数が多く、飽きることなく筋トレ出来ます。

ジムなどに通う事などが出来ない田舎暮らしの方や子育てや仕事ですきま時間しかトレーニング出来ないって方には本当にお勧めの一台だと思います。

デメリット

デメリットについては、約3ヵ月使用している中で有りません。しかし不満が何もないと言うわけでは有りません。一点有るとすれば、インクラインベンチの高さが少し高いのです。他のレビュアーの方も書かれていますがインクラインベンチの高さが高いのでベンチプレス時の足つき性が悪いです。身長が175センチの私でもベンチプレスの際はつま先が地面についているだけです。この不満に関しては解決方法は足踏み台を使用するしかありません。

買う前に知っておきたかった事

6畳の部屋に置くとスペース的にはどんな感じになるの?

正直、6畳の部屋にパワーラックを設置すると半分のスペースを占領します。ですから空き部屋や離れなどの使用していない部屋がある場合は良いですが、家族が集まる部屋の空きスペースなどに設置する事はお勧めしません。

パワーラックを置くには床の補強が必要?

パワーラックの設置には必ず床の補強が必要です。私の場合は、フローリングに厚み2センチのクッションマットを敷き詰めています。しかし、お勧めはクッションマットを敷いてからコンパネを敷く方が良いでしょう。と言うのも、クッションマットだけの場合であればバーベルスクワットをした際に沈みこむのでコンパネを敷かれる方が効率よくトレーニング出来ます。

パワーラックはぐらつく?角材のサイズって何センチ

このパワーラックの寸法って私はとても気になりました。何故かというと角材のサイズでパワーラックのぐらつきが懸念されたからです。特に、海外のパワーラックなどは角材の厚みやサイズも大きいですから、心配ないですが中国製の製品で有れば見た目は良くても使うとチープだったなんてあり得そうでしたから・・。

で、実際にマスキュラーセットR140のサイズですが角材のサイズは5センチです。大体、スマホの画面横幅位の太さです。実際、心配していたぐらつきなどは有りませんから十分なサイズです。

所詮、中国製だからチープな作り?

マスキュラーセットR140は13万円で購入出来る本格的なトレーニングマシンです。私が購入した理由はその安さでしたがどうも気になるのがチープではないかという不安。安いとえ13万円も支払う訳ですからチープなのは困ると思ってネット検索を頻繁にしましたが、どれもこれも確信を突く内容は見つかりませんでした。そして購入して私のリアルな感想ですが、個人的に思っていたほどのチープさは全く感じません。これは最近の中国製品の品質が高くなってきているからだと思いますが塗装やメッキなどの状態は悪く有りません。

正直迷う、アイロテックの対抗馬

実を言うと、アイロッテク(IROTECH)のマスキュラーセットR140を購入するに当たり、調べまくったのでその際にいくつかのブランドに心を奪われました。それがタフスタッフとパワーテックのパワーラックです。何に惹かれたのかと言うと格好良さです。シンプルでたちの悪い憧れですね。実際には両ブランド共にパーソナルジムなどで使用されるほど信頼性の高いホームジムマシンであり格好が良いです。ただし、パワーラックだけでマスキュラーセットR140のお値段をかるく超えてしまいます。

まとめ

如何だったでしょうか?購入をお考えの皆さんの知りたい事は記事中に有ったでしょうか?私は、現在でおよそ3ヵ月間マスキュラーセットR140を使用していますが、トレーニングの幅が広がり、重量も多く扱えるので体の変化も体感出来ているので大満足です。購入に関しては中々踏ん切りがつかないと思います。然し今回の記事を読んで頂けたのなら、その投資は、無駄では無いと感じられたはずです。自分もそうですが、「もし使わなくなったら・・・」なんて考えて購入を躊躇するのであれば、初めから筋肉は付かないでしょう。それくらいの思いなら体は大きくなりません。私はとにかく筋肉を付けたくてアイロッテクのマスキュラーセットR140を手に入れました。同じように思われるなら是非購入される事をおすすめします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です