google.com, pub-8470970482161475, DIRECT, f08c47fec0942fa0

筋トレ二ヶ月効果が無し、一体何が悪いのか?!初心者にありがちな悩み

どうもn-kenです。いきなりですが、今回は最近よく耳にする「筋トレを始めて二ヶ月経つけど、俺って全然体変わらないんだけ何が悪いの」っていう質問。実際、筋トレを辞めるのもに三カ月なので、たぶん皆、この疑問と言うか悩みでトレーニングを辞めるんだろうと思います。そうした悩みに向けて今回はブログを書きたいと思います。

筋トレ二ヶ月をあなたはどう捉えるか・・・

筋トレを始めたばかりの初心者。私も人の事言えない初心者ではありますが、人によって筋トレってどれ位の体を目指すのかによって様々ですよね?

それと同じで、筋トレを二ヶ月行うって事についても、人によってはめちゃくちゃ長い事行っているって感覚の人と何年かのスパンで体を変えようとしているから始まりに過ぎないって感覚の人と様々だと思うんですよね。

そして、今回の様な二ヶ月で体が変わらないと感じている人大勢いると思います。では、そうした人が居るって事を踏まえて詳しくみて行きましょう。

ダイエットを主目的として筋トレを二ヶ月行った場合

ダイエットを目的に筋トレを二ヶ月行った場合で言うと、二ヶ月も筋トレを行って体が変わらない事は無いでしょう。確実にトレーニング量か、食生活に問題が有ると思います。ダイエット目的の場合は、体の変化が大きいので普通にトレーニングしていればこうした悩みは出ないと思います。

私の周りで、ダイエット目的の人が二ヶ月であまり体が変わらないって言ってる方では、詳しく聞くと体重が変わらないって悩みでした。体重につては、ランニングやウォーキングなど有酸素運動で有れば体重変化が分かり易いですが、筋トレの場合は筋量が増えるので体重としての数字では分かりにくいものです。二ヶ月を過ぎたあたりから効果が現れるのでもう少しの辛抱ですね。

筋肥大を目的として筋トレを二ヶ月行った場合

筋肥大を目的にしている方のほうが二ヶ月で筋肉が付いた感覚が無いって言われる方が多いですね。挫折するのも大体それくらいの時期です。筋トレ自体、初めはやる気が有るので続くのですが、だんだん体の変化も分からないし、怠くなって何かを理由に辞めてしまいます。

人によっては「自分には筋肉を付ける才能が無いのではないか?」なんておかしな疑問を持って、それを理由に辞めちゃう方も居るの出は無いでしょうか?確かに、人によっては筋肉の質が違ったりする場合も有るのでつきやすい人とそうで無い人などあるかもしれません。ですが、そもそも二ヶ月で筋肉(体)が大きく変化するなんて考えている考え方に問題が有るのです。

そもそも、二ヶ月で筋肉がモリモリになると考える考え方がおかしい!

いきなりで、気分を害されたらごめんなさい。でもね、二ヶ月筋トレをしたくらいで筋肉がモリモリになる訳が無いんですよ!幾らハードなトレーニングをしてもモリモリにはなりません。特に食事内容を変えたり、プロテインを摂っていない方は絶対にあり得ません。

ハードなトレーニングをすれば筋肉がモリモリになると言う勘違い!

これです、よくありがちな勘違い。ドラゴンボールのアニメの世界の様に、とにかくハードなトレーニングを行っていれば筋肉が付いてくるって勘違い。私も20代までそう思っていました。実際に、サンドバッグを買って毎日毎日打ち込んだり、ダンベルを買って毎日毎日、良くわからないトレーニングをしていました。

今思えば、「無駄」でしか無かった・・・。というのも、ハードなトレーニング=筋肥大では無いからです。確かにハードなトレーニングが筋肥大に効果は有りますが、それは筋肥大させるトレ―ニングの本質を知っている人が行った場合だけです。無茶苦茶にトレーニングを行っても関節や筋肉を傷めるだけです。

2ヵ月までは神経が発達するだけ

筋トレを始めて、一ヵ月前と比べてダンベル、バーベルどちらでもいいですが使用出来る重量が上がっていると思います。これで上がっていませんって言う方が居るのであれば、それは筋トレが十分でないだけです。大体は扱える重量は格段に上がります。何故かと言うと思い重量を扱えるように神経が発達したからです。

一ヵ月前まで、持ちあげる事が困難だった場合でも二ヶ月目には持ちあがるって言うのは、筋力がアップした事もありますが神経が発達して重量が挙げられる体になったからなのです。

二ヶ月以降が筋肥大の時間

神経系が二ヶ月で鍛えられて、扱える重量が増えたけど体の見た目が変わらないって方が多いかと思いますが、扱える重量が上がったのは神経が慣れて瞬発力が大きくなったので扱える重量が増えたにすぎません。ここが、筋トレ初心者を悩ますポイントです。簡単に言ってしまえば、筋肉自体はもとから挙げられるだけあったけど、神経が慣れていなかったので使いきれていなかっただけです。

だから、元々扱えるだけの筋肉があるから更に筋肉が大きくなる事が無かったのです。単純な事ですが、知らないと体が変わらないと思ってしまうのです。しかも、人間って努力しているのに変わらないと辞めちゃうんですよね。それが丁度、二、三カ月なのです。

3ヵ月からは食事にプロテインを追加して筋トレをする

二ヶ月間の筋トレを乗り越えて体の変化が無くても諦めないで、いつもの食事にプロテインを追加しましょう。摂取量は体重×2グラムのプロテインです。体重が60キロの方で有れば120グラム程度のプロテインを追加します。そうする事で三カ月目からは確実に体は変わります。

もしも、それでも体が変わらないって方は、整腸剤を飲んで栄養の吸収率を上げる必要が有るかもしれません。大半の方はプロテインを追加するだけで体の変化に気付けるはずです。

まとめ

如何だったでしょうか?私なりに、筋トレの二ヶ月目を乗り越えるコツを伝えたつもりです。体の変化が始まれば、筋トレが楽しくなるに決まってます。私自身が何度も筋トレを失敗し挫折してきました。でも35歳になって、一から体の仕組みを調べて栄養の知識を得て行った筋トレで確実に体に変化が起きた事を実感でしきました。

何故?って疑問を持ちながら筋トレをする事は非常に大事だと思います。また、せっかく二ヶ月続けた筋トレをやめてしまうのも続けて行くのも貴方次第です。筋トレは日々の生活サイクルに追加して末永く行っていきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です