google.com, pub-8470970482161475, DIRECT, f08c47fec0942fa0

筋トレをする気が起きない、気分がのらない時の対処方法みんなどうしてる?

どうもn-kenです。う〜ん、筋トレする気が起きない、気分が乗らないって時無いですか?私の場合はそうした時期がたまにあるので筋トレする気が起きない時や気分がのらない時にはあえてしない時を作ります。逆に、毎日トレーニングしたくなる時期もあるので中々難しいですよね。今回はこうした時、みんなはどうしているのか、そして私はどう対処しているのかご紹介したいと思います。

筋トレする気が起きない時には、いっそのこと「しない」を選択する

正直な話、筋トレする目的って人それぞれですよね。だから私みたいに体を作りたい人、大きくしたい人では無く、ダイエット目的の方なんかはこうした「しない」って時期を作らないと、気持ちが付いて行かなかくなるのではないでしょうか?

特に、女性の方は男性と比べて見た目に筋トレ効果が出やすいかと言うとあまり出ないでしょう。出るとすれば体重や体脂肪の数値として分かるくらいです。更にダイエットで有れば、体重がある一定の時期から落ちない等の悩みが出ます。実際、こうした悩みって言うのは自分追い詰めちゃうんですよね。

「筋トレも一生懸命にやってるのに中々体重の変化が無いっ」って思いが頭の中でグルグル回ります。これって、実際には余分な脂肪が落ちて筋肉が付いたので中々体重が落ちなかったりするのですが、思いつめた人はそんな事も見えていません。こうした場合、本当に自身を追いこんで、ダイエットを辞めちゃうんですよね。しかも反動でよく食べるようになったりだとか・・・

こうしたトラブルを避けるためにも、筋トレする気が起きない時は「しない日」と決めて体を休めましょう。きっと、リフレッシュする事で次からは頑張れます。

トレーニング用のBGMを使ってやる気を奮い立たせる!

これは私もやってる方法ですが、筋トレの際には必ずワークアウト用のBGMをかけて行います。この習慣を続けているとBGMをかけると筋トレを始める体制にもって行きやすいのでやる気が奮い立つんです。こうした、トリガー(引き金)を自分中に作るのも効果的です。

この「トリガー」とはアクショントリガーと呼ばれるもので、習慣化させたい事柄をやり抜く為の効果的な方法です。実施に当たっては明確なアクショントリガーを設定する必要が有りますが、アクショントリガーを設置する事で悪い習慣や誘惑から目的を達成する確率は大幅に上がるので、筋トレもやりきる事が可能です。

YouTubeで本気なトレーニーを見る!

私自身が筋トレを始める切っ掛けになったのがYouTubeです。YouTubeでたまたま筋トレの動画を見る事となり知らない間にハマって行って毎日見ている間にトレーニングを始めてプロテインを飲んで筋トレをする毎日を送るようになりました。なので、YouTubeの筋トレ動画は非常に効果が有ります。今でも、筋トレのやる気が起きない時や、気分が乗らない時には必ず動画を一本みてトレーニングに向かいます。そうすると、動画の中の人みたいに筋肥大させたいとか、かっこよくなりたいとか思ってくるので後はトレーニングを行うだけです。

ライバルを見つけて競う

「あ〜、今日はやる気が出ないから筋トレやめようかな」って思ったら、是非ライバルを見つけて下さい。ライバルだからと言って友人や知人である必要は有りません。動画やブログ、SNSで今日だけのライバルを作ればいいのです。

ライバルをつくる事で、「やるぞ」って気が起きてくると思います。同じように筋トレをされている方は多いですからブログであったりSNSでベンチプレス75kg上がりましたみたいな記事が書いて有れば「くそー、俺も」みたいな感じで対抗意識を出しちゃいましょう!きっとやる気がみなぎります。

まとめ

如何でしたでしょうか?自身の経験も踏まえて記事にしてみましたが、筋トレのやる気が出ない時って疲れている時も多いでしょう。筋トレをして筋肥大させたいので有れば、こうした疲れを体に残さない方がいいので休息を取る事も必要です。

でもやはり、筋トレは個人の努力が必要であり自分自身との闘いです。こうした自分自身との闘いに疲れた場合は、YouTubeやブログ、SNSで同じように努力しているトレーニーに頑張りを見る事で共感しやる気がみなぎると思います。私がそうである様に、多くの初心者トレーニーは、どれ位努力したらムキムキになるのかわからないので常に不安なのです。でも頑張ってるトレーニーの動画などを見ていると努力した形跡が分かるので必ずやる気が奮い立つと思います。

当ブログを読んでくださった初心者トレ―の皆さんもとにかく頑張りましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です